プロペシアの初期脱毛について~原因と発生する時期・期間とは?~

プロペシアの初期脱毛について~原因と発生する時期・期間とは?~

プロペシアの初期脱毛について~原因と発生する時期・期間とは?~

プロペシアを服用する事で初期脱毛が起きるケースが多く有ります。
これはプロペシアの副作用の1つでもあり、初期脱毛が起きることでプロペシアの作用が起きている証拠でもあるのです。

初期脱毛の原因と言うのは明らかにされていないのですが、毛周期との関係が深いと言われています。
毛周期には成長期、休止期、退行期の3つのサイクルが有り、初期脱毛で抜ける毛と言うのは休止期の毛が多いと言われています。
男性型脱毛症は、DHTによるヘアサイクルの乱れにより抜け毛が多くなる薄毛です。
成長期に入った毛に対し、直ぐに休止期や退行期に入るような命令を送る信号が出され、成長期に入って3ヶ月ほどで抜け落ちるのが男性型脱毛症の原因とも言われています。

プロペシアは、DHTを抑制させてヘアサイクルを元の状態に戻そうする作用を持つ医薬品であり、プロペシアを服用する事で毛母細胞が元気になり、休止期に入っていた髪の毛は、休止期が続くはずが成長期に入ろうとするのです。
この時、古い毛が新しく出来た毛に押し出されて抜けると言うのが初期脱毛の原因とされているのです。
そのため、プロペシアを服用する事で多くの毛が抜けてしまい、薄毛の症状が大きくなることもあるのです。

但し、これは個人差があるのでどのくらいと言う事は言えませんし、抜け毛が起きる時期や期間についても個人差が有るのです。
尚、何時から起きるのかと言う点においては、薬を服用し始めて10日目から1か月の期間の中で起きるケースが多いと言います。
この期間は、薬の効果を誰もが期待する時期ですので、この時期に多くの毛が抜けると誰もが不安に感じるものです。

大人気記事