ミノキシジルとプロペシア、どちらが効果的?違いを徹底分析します!

ミノキシジルとプロペシア、どちらが効果的?違いを徹底分析します!

ミノキシジルとプロペシア、どちらが効果的?違いを徹底分析します!

男性型脱毛症で悩んでいる男性は大勢います。脱毛が気になり始めたら、すぐに手をうつことが重要です。なぜなら、男性型脱毛症は自然治癒はしませんので、どんどん症状が進行してしまうからです。男性型脱毛の治療には、これ以上の脱毛が起こらないように阻止することがまず大切です。しかしそれと同時に、新しい髪の毛が生えるように発毛を促してあげることなども大切になってきます。

男性型脱毛症の治療薬として、ミノキシジルやプロペシアなどがよく知られています。両者の違いを簡単に説明すると、まずミノキシジルは血行を促進させ、血管を拡張し、毛根を呼び戻す効果があります。つまり、発毛や育毛の効果があるということです。もともと高血圧の治療薬として開発されたこともあって、このミノキシジルは血流をよくすることで発毛を促し、脱毛症を治療していきます。それに対してプロペシアは新たな脱毛を阻止する効果があります。

新しい髪の毛を生えさせる効果はあるが、脱毛を防止吸う効果がないミノキシジルと、脱毛を防止するけれども発毛の効果がないプロペシア、これが両者の違いであるわけですが、この違いはお互いに補い合うことができるものでもあります。そこで一般的には、ミノキシジルとプロペシアをセットで服用することにより、より効果的に脱毛を防止し、発毛を促していくことができるようになります。脱毛症が改善した効果を実感するまでには、早い人で3か月、長い人だと1年近くかかることもあります。

大人気記事