プロペシア副作用体験談!※効果がある?危険なのか試してみた

プロペシア副作用体験談!※効果がある?危険なのか試してみた

プロペシア副作用体験談!※効果がある?危険なのか試してみた

プロペシアの副作用ってあるの?

 

プロペシアは、アメリカのメルク社が開発した抗アンドロゲン薬のひとつで、男性ホルモンであるテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換する酵素である2型5α還元酵素を阻害する作用を持っています。もともとは前立腺肥大症の治療薬として1992年に登場したものですが、低用量では男性型脱毛症の毛髪成長が副作用の症例として確認され、男性型脱毛症治療薬プロペシアとして1997年に発売されました。日本でも2005年に承認されており、現在では世界60以上の国で承認されている一般的な男性型脱毛症治療薬となっています。
そもそも男性型脱毛症の原因のひとつとしては男性ホルモンが影響して生成されるDHTが脱毛を引き起こすと研究で判明しています。そのためプロペシアではこのDHTの生成を阻害するため、脱毛を抑えることができます。本来は発毛作用を促す薬ではありませんが、DHTの生成が阻害されることで発毛が認められます。
一方でプロペシアの副作用としては、少ないと言われます。副作用が少ない理由としては前立腺治療に比べて低容量であるためです。そのため、重篤な副作用は報告されていません。一方で軽度な副作用としての症例としては、1mgのプロペシアで胃部不快感があります。また症例としては性欲減退がありますが、これもプラセボという有効成分が入っていない錠剤で起こった副作用と同程度であり、精神的な作用が大きく影響しています。

 

増毛と植毛の違いについて

増毛とは人工毛髪を使った薄毛対策のことを言います。
つまり、自分のものではない人工の髪の毛を使い、髪の毛が正常に生えているように見せるのです。自毛一本に何本かの人工毛髪を結び付けるようにする場合と、糸に数十本の人工毛髪をつけそれをさらに自毛に結び付ける場合とがあります。また最近ではさらに高度な技術も開発されてきているようです。すぐにでも薄毛の悩みが改善でき、またカツラよりもずっと自然に見えることから、多くの人がこの薄毛対策を行っています。しかし、多少の手入れが必要であったり、人工毛髪を自毛に結び付けているため時間がたって自毛が伸びてきた場合の修正などが必要となります。
対して、植毛とは近年になって多く行われるようになってきた薄毛治療で、毛を自毛に結び付けるのではなく直接頭皮に植えるというものです。
植毛には二つの種類があり、自毛で行うものと人工毛髪を使うものとがあります。この二つを分けるキーワードとして拒否反応と定着率が挙げられます。
自毛で行った場合は拒否反応は起こりません。そのため、90%以上の定着率が期待できます。それに対して、人工毛髪を使った植毛では拒否反応によって定着率が下がります。
拒否反応には健康被害が起こる可能性もありますので、定着率などのことも含めると自毛で行うことが望ましいです。

 

増毛のメリットとデメリット

髪の量を自然に増やすために、増毛を考えている方もいることでしょう。
短期間で自然に髪の量を増やすことができること、頭皮に優しいこと、料金が安いことなど、増毛には様々なメリットがあります。
かつらの場合、かつらを装着することで一度に毛の量が増えてしまうため、周りに気づかれやすくなってしまいますよね。
しかし、増毛なら1ヶ月に100本など、髪の量が増えているかどうか、気づかれない程度に徐々に量を増やすことができますから、周囲の人に気づかれる心配を少なくすることができます。
また、必要な箇所のみ、髪の量を増やすことができるため、出費を最小限に抑えることができるのです。
近年、増毛に掛かる費用はどんどん安くなっていますから、かつらを作るよりも、低料金で済ますことも可能です。
増毛は、現存している髪に人工の毛を結い付けていく方法が主流になっています。
そのため、頭皮の蒸れや締め付けなどを感じることがなく、髪のことを気にせずに日常生活を送ることができます。
通常通り、シャンプーを行うこともできるんですよ。

 

ただ、増毛には、いくつかのデメリットも存在しています。
現存している髪に結いつけるということは、髪が伸びてきたら結び目も浮いてきてしまいます。
そのため、定期的にメンテナンスに通わなくてはいけません。
施設によって様々ですが、大体1ヶ月に1度くらいのペースでメンテナンスを受けることが必要になります。
また、現存している髪が抜けてしまうと、増毛した人工毛も抜けてしまいます。
地毛がない部分には増毛を行うことができないというのも、デメリットの一つですね。